【禅の思考術】

STEP 8

主人公

(しゅじんこう)

Step8

主人公

目的:自分自身が人生の「主人公」であることに目覚める。何ものにも捉われず、自由自在に、因果を超えて因果を創る、創造の「主人公」であること。

歴史:禅の古典『無門関』12則の「喚主人公」の故事。瑞巌師彦和尚が「主人公よ!諾!諾!」と、日に何度も自問自答されていたことの意味。「惺々著!」

解説:自己の「主人公」に目覚めることで、迷いの原因となる道理分別や煩悩妄想をスッキリと断ち切ることができる。本心は金剛王宝剣に喩えられ、その働きは「殺人刀」「活人剣」として、活かすも殺すも自由自在の、優れた働きとなる。

ワーク1:主人公のワーク 

​    ①まだ、決断できずに迷っていることは?

    ②まだ、許していないことは?

     

ゴール:「主人公」

心の「主人公」をはっきりと掴むこと。自らの人生と、この宇宙の可能性を創造しつづける、絶対的な「主体」。

人生において言えば、調子のよい「順境」の時も、困難が続く「逆境」の時も、自らの人生の「主人公」としてしっかりと立ちあがり、歩んでいくこと。何ものにも捉われずに因果を超えて、因果を創る、自由自在の「主人公」として、一歩一歩を歩んでいくこと。
 

シェア:ワークを実践して描き出した結果&気付きはコチラでシェアしましょう。

▼「主人公」

https://www.facebook.com/groups/zen60days201911




*オンライン講座の視聴まえに、
下記のPDFのボタンより、ワークシートのダウンロードをして

印刷をお願いします。

今回の準備品

●ワークシート


●持ち物

・筆記用具

・カラーペンや色鉛筆など彩色できるもの

・メモをとる方は、コピー用紙やノート等、各自でご用意くださいませ

●WiFiの接続が安定している、周りが静かな場所での受講をお願いします
​(途中、繋がらないなどのトラブルには責任を負い兼ねます)

STEP 8

主人公

しゅじんこう)

©️株式会社月笛クリエイションズ 松田 純 2019